2010年02月26日

<災害伝言板>携帯用 5社横断で利用できるように改善(毎日新聞)

 電気通信事業者協会とNTTドコモなど携帯電話・PHS会社5社は24日、災害時に被災者が携帯電話・PHSからインターネットに接続して安否情報のメッセージを登録する「災害用伝言板」サービスを、3月1日から5社横断で利用できるように改善すると発表した。

 災害用伝言板は現在、各社がそれぞれ運営している。メッセージは被災者が加入する携帯・PHSの伝言板にのみ登録されるため、被災者の加入先が分からない場合、安否を気遣う側は最大5社の掲示板を一つずつ検索するしかなかった。

 改善後は、いずれか1社の掲示板から全社のメッセージを検索できる。また、災害用伝言板体験デーも毎月1日と15日の2回に増やす。【望月麻紀】

【関連ニュース】
大災害で携帯電話は頼れるか 中国・四川大地震ではショートメッセージが活躍
贈呈:NTT西・和歌山店、和歌山ろう学校に「電話お願い手帳」など /和歌山
防災教室:ぐらっときたら 災害時の備え学ぶ−−彦根・城東小 /滋賀

同居人殴り、死亡させる 傷害致死容疑で無職男を逮捕(産経新聞)
採点に女子学生同席、満点に=担当講師を懲戒免職−埼玉県立大(時事通信)
調理実習中に小5女児やけど=ガスコンロから引火−大阪(時事通信)
いかなる県内移設にも反対=民主沖縄(時事通信)
JR米原駅 信号トラブル(産経新聞)
posted by マツハシ マサジ at 01:17| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。